カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
映像「書楽家作品展神楽坂」
映像「書楽家作品展神楽坂」
プロフィール・活動履歴
ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月ごとで

書楽家安田有吾公式ブログ「書楽家時間(しょがくかじかん)」

<< どぜう | top page | 安田有吾的超級台北 壱 >>
東京小説パラダイスvol.2「赤い指」
8月ベイベー!

さあ第2回を迎えました、「安田有吾の東京小説パラダイス」
今回はですね、僕がミステリーにハマった小説を。
と思ったんですが、本屋に行ったら、いいのあったんで、それにします。
運良く2時間ほど時間が空いたので、読みました。

帯には、

直木賞受賞第一作
書下ろし長編小説
犯罪を超えたその先に、
本当の闇がある。
二日間の悪夢と、
孤独な愛情の物語

と書いてあります。
東野圭吾「赤い指」です。
装丁も赤いです。
すぐに見つかります。



この本を読んでいて思ったんですが、僕は新刊単行本より文庫の方が好きです。
新刊は、活字がデカすぎるんですね、少し。
新刊は、カバーがぶ厚いんですね、すこし。
たぶんこんな理由です。

さて、小説の内容は話しませんが、
東野圭吾の小説に加賀恭一郎という刑事が時々登場する。
が、今回も登場する。
僕は日本版のスパイダーマンをやった役者のイメージで読んでいる。
これくらいは話せるだろうか。

東野圭吾の小説は、時々、読み終えてすぐ、「くうぅ〜」となる。
宿命の時にも、トキオの時にも感じた、「くうぅ〜」だ。
今回も「くうぅ〜」となった。
ぜひ文庫になってから、読んでください。


「安田有吾の東京小説パラダイス」

「赤い指」★★★★★★★☆☆☆
 著者 東野圭吾
 発行 講談社


いやぁ、いい小説ってホントにいいもんですね。
それでは、また。


安田有吾でした。

追伸 台湾での仕事のため暫く連載をお休みします。
| 読んで | 00:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
これ! 新聞の広告欄に出てて、ちょっと気になってました!
そっかぁ。
やはりオモシロイのですね〜?

トキオも、ドラマの方は見ました。
すっごい面白かったなぁ。

いつもナイスな情報をありがとうございます!
| あきごん | 2006/08/04 10:09 AM |
→しょうこ様
 うん、明日朝っぱらから行く。
 キング来たようだな。また「メルボルンの夕べ」やってくり。
 
 安田有吾
| 安田有吾 | 2006/08/01 2:45 PM |
ってことはまだ行ってなかったの?
この前キング来た
| しょうこ | 2006/08/01 11:49 AM |









トラックバック機能は終了しました。