カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
映像「書楽家作品展神楽坂」
映像「書楽家作品展神楽坂」
プロフィール・活動履歴
ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月ごとで

書楽家安田有吾公式ブログ「書楽家時間(しょがくかじかん)」

<< がむしゃらを喰らわんか! | top page | 東京ミッドナイトシネマvol.1「ジキル博士はミス・ハイド」 >>
東京小説パラダイスvol.1「さらば、荒野」
メチャクチャ暑いですね、世の中は。
暑いので、浅草へ行きまして、洋食ヨシカミでハヤシライスを平らげてきました。
僕は暑さに強いので、冷房いらず医者いらずです。

さぁ、梅雨明けを目前にして、いよいよ始まりました、「東京小説パラダイス」
司会の安田有吾です。
この番組はですね、ええ、僕の好きな小説を片っ端から紹介していこう、あらすじとか書かないけれど、最高だろこれ小説を、隙を見て紹介していきます。よろしくお願いします。



第一回目に紹介するのはですね、

北方謙三「さらば、荒野」

名作です。
ブラディドールシリーズ全10巻の第1巻。
素晴らしいです。
ハードボイルド小説というのは、なんといいましょうか、余計なものを削ぎ落として削ぎ落としてつくられる小説とでも言いましょうか。スピード感と重みがあって好きなんです。
僕はハードボイルドとミステリーが読む小説の99%を占めておりまして、偏ってます。
これからも紹介していきますが、偏ってます。

次回はですね、僕がミステリーの世界へ、いや、ミステリーの旅に、連れ出された一冊を紹介したいと思います。ミステリーと言っても赤川次郎ではありません。旅と言っても西村京太郎ではありません。

「安田有吾の東京小説パラダイス」

「さらば、荒野」★★★★★★★★★☆
 著者 北方謙三
 発行 角川書店


それでは、次回も、内容もなんにもわからない小説紹介番組「東京小説パラダイス」でお会いいたしましょう。


安田有吾でした。


| 読んで | 16:25 | comments(3) | trackbacks(0) |
度々失礼します。
改めて読み返し始めました。
で、せっかくなので、トラバさせていただきました。
よろしくお願いいたします。
| daisy | 2006/07/16 1:41 AM |
daisy様
僕も全巻5回くらい読みました。珈琲の淹れ方。他の北方謙三の作品でもこだわっているものがいくつかありますね。剣豪とかの時代物もおもしろいですよ。水滸伝を読もうと思っています。

安田有吾
| 安田有吾 | 2006/07/15 12:28 AM |
いいですね、ブラッディ・ドールシリーズ!!
実はこれ、全巻読破しました。
また久しぶりに読みなおそっと。

下村や坂井がいいですね、うん。
キドニーとか、川中とか。

この小説で、コーヒー豆の薄皮をむいてから煎ると
おいしい、って知りました。
自宅じゃなかなかできませんが。
| daisy | 2006/07/14 11:45 PM |









トラックバック機能は終了しました。