カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
映像「書楽家作品展神楽坂」
プロフィール・活動履歴
ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月ごとで

書楽家安田有吾公式ブログ「書楽家時間(しょがくかじかん)」

「吃飽了!」

お腹いっぱいです。
台湾での披露宴。
友達荘司はとても幸せそうでした。
お嫁さんのヴィッキーも。
400人を越える人が参加した盛大な披露宴。
会場はおめでたい色で真っ赤でした。
テーブルにはトマトも飾ってありました。
かじってみました。
横に置いてあったトマトジュースの方が美味しかったです。

荘司の亡くなったお母さんに捧げた手紙には泣けたぜ。



帰って来て、パスポートを開いたら、台湾には8回も行ってた。

僕と台湾との出会いというか焼肉「乾杯」との出会いというか
今回披露宴をやった「荘司」とその相棒の「大ちゃん」との出会いは
ふたりがメルボルンに行ったときに
僕が日本食レストランの為に書いたいくつかの大きな作品を見て
気になって、聞いてみたら同じ歳だっていうから、ますます気になって
ふたりがその後すぐ東京まで会いに来てくれたのが出会い。2004年の夏。
ふたりは台湾で「乾杯」という焼肉屋をやっていて、4店舗目をオープンするんだという。
あんな作品を作る人に、ぜひロゴなどを作ってほしいって。
スゲー嬉しかったな!
僕らはなんだか意気投合して、たしか僕はその次の週にピョンッと台湾に行ったのです。
空港からシティへ向かう高速道路などや町並みも日本に似ていて
とにかく屋台でもなんでも食べ物屋が多い。美味い。
会う人も良い感じで、一発で台北を好きになった。
その台北で焼肉「乾杯」は、なんだかスゲー並んでる店だった。繁盛してた。
同じ歳で、しかも海外で、こんにゃろースゲーなと思った。
僕は、仕事として僕だけができることを精一杯やろうと思った。


しばらくして、カウンターだけの焼肉屋「乾杯BAR」という名の4店舗目ができた。
しかし手書きではなく、パソコンソフトで描いたグラフィックデザイン的なものでした。
それが僕の乾杯との初仕事です。

同時に乾杯の会社のマーク、いわゆるCIってのもデザインしました。
炭火焼肉に使用する七輪に網をのっけたところを上から見た感じです。


次に、「老乾杯」っていう5店舗目ができるのです。
富山の満寿泉という酒蔵とタッグを組んだ、ちょいと高級な店舗。
これは手で書きました。
老乾杯というたった3文字だけど、納得いくまでに、とても時間を掛けてしまいました。



その時同時に、僕が関わる前からある1店舗目の乾杯、2店舗目の小乾杯、3店舗目のKANPAI
それぞれのロゴも新調しました。


乾杯の夏祭りの為の提灯300個に協賛社名、協賛者名を手描きしにも行ったなあ。



次はちょっと大型店舗に挑戦した6店舗目「淡水乾杯」
この時は一発で焼肉と酒を扱う店ってのがわかるように
牛くんとビールマークもデザインしました。
愛嬌のある牛が描けたと思います。食べちゃうんだけどね。
7店舗目は「乾杯BAR」の2件目を他の町でオープン。

ここらへんで乾杯の社名が変わったことでCIもマイナーチェンジしました。
七輪も会社も少し洗練されたようです。

そしてこないだ12月に、めでたく台中に「乾杯」がオープンしたのです。
店名は「乾杯」それで勝負なのです。8店舗目なのです。

店は善し悪しは、スタッフの魅力だと僕は考えますが
僕が作る看板も、たかが看板されど看板なのです。
店の顔の一部です。

ひょうんなことから、かれこれ4年半くらいのつきあいになってます。
仕事だったり、遊びだったり。
嬉しいです。


僕の8回の台湾行きと 乾杯の8店舗っていうのは全然関係ないんだけど

9回目に行く時は、きっと9店舗目の為かな。

うーん、もしかしたら大ちゃんの結婚式かな。

どうかな。

どうだろうか、荘司、大ちゃん。



安田有吾でした。


| 謝謝台湾 | 04:04 | comments(2) | - |
「台北」

あけましてちびまる子ちゃんは無事に終了いたしました。
会場にお越しいただき、また書き初めコーナーに参加していただいた皆様ありがとうございました。
今年は半紙約3,000枚でした。

今から台湾に出発するので、ちびまる子ちゃんを振り返るのはまた来週にします。


安田有吾

| 謝謝台湾 | 13:52 | comments(2) | - |
「電話機」


素敵な色の電話機です。
台湾のパスタが甘い地中海レストランの電話機です。



安田有吾
再見


| 謝謝台湾 | 11:33 | comments(4) | - |
「史端克三世」


続きましては、こちら「史端克三世」
漢字だと、とたんに、殿!っぽくなります。



安田有吾
再見

| 謝謝台湾 | 07:57 | comments(1) | - |
「黒松沙士」


まずは、台北桃園空港に着いた私が最初に飲んだドリンク、黒松沙士。
変わった味のコークプリーズ!



安田有吾
再見

| 謝謝台湾 | 17:57 | comments(2) | - |